世界初男性バーチャルYouTuberの「ばあちゃる」。

最近こそ、Vtuberが気軽に絡める相手として、はたまた、ファンたちからいじられる愛されキャラとして人気が定着し始めましたが、モデル配布は実にひっそりとしたものでした。

しかし、MMD作品でばあちゃるが出演しているものも数多くあるため、MMDモデルが配布されているということは多くの人が知っているのではないでしょうか。

スタイルが多く動作も安定している、また、ポリゴン数も多くないため、ダンスを踊らせやすい、見栄えがいいMMDモデルではないでしょうか。

ニコニ立体で配布されています。

MMDモデルの概要

イラスト・モデリング:Appland, Inc.

イラストやモデリングはすべて株式会社アップランド製です。記載されてない……?と思いましたが、モデルを読み込む際に表示されました。

 

ダウンロードページ

ばあちゃるのMMDモデルのダウロードページはこちら。

http://3d.nicovideo.jp/works/td31639

利用規約をしっかり読んでからモデルを使用してください。

どこまで使用可能?

ばあちゃるのモデルの利用規約は、モデルをダウンロードするとテキストファイルで添付されてきます。

電脳少女シロちゃんは、二次創作向けのガイドラインが公開されていますが、ばあちゃるにはそういったものがありません。そのため、添付のファイルのみで判断ができます。

二次創作物の公開・頒布が許可されています。

商用利用の際は、記載されているメールアドレスに連絡し、許諾を得る必要があります。

モデルデータの転載・再配布は禁止。

二次創作物の公開・頒布の際は、ライセンス表記<(c)Virtual YouTuber>を表示する必要があります。

 

MMDモデルを見るには?

MMDとは、MikuMikuDance略です。

この形式のモデルを使うには、MikuMikuDance専用のツールが必要になります。

配布先のページ(http://www.geocities.jp/higuchuu4/)から、1.3 MikuMikuDance(DirectX9 Ver)をダウンロードしてください。

モデルを動かしたいという人は、MMDの動かし方を載せている専門のサイトがいくつもあると思うので、そちらを参考にしてください。

モデルを確認するだけよいのなら、ファイルを解凍した後、UserFile>Model内に「Virtual_v1.0」フォルダをそのまま移動させてください。

MikuMikuDance.exeを起動した後、モデル操作の読込ボタンを押し、「Virtual_v1.0.pmx」を選択してください。

すると、モデルが現れると思います。慣れるまで操作が難しいと思いますが、右クリックを押しながら視点切り替えしたり、CtrlとShiftキーを押して移動させたりしてみてください。

動かしたい!と思ったなら、ぜひMMDの道へ進んでみてください。

あなたの動かすばあちゃるをぜひ見せてください!!

 

この記事で使用しているばあちゃるの画像の権利は(c)Virtual YouTuberに属します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。