「ニーツ/VT-212」のモデル紹介(素体のダウロードページ)

メカのバーチャルYouTuber、ニーツ/VT-212をみなさんはご存じですか?

キノコ派を殲滅するために活動しているメカtuberですが、Twitterでわいわいしていたり、コラボ企画をやっていたりと、人間(?)とコミュニケーションをとるのがうまいメカでもあります。

彼女(彼?)はMMDモデルやUnityモデルをそのまま配布しているわけではありませんが、メタセコイア用(.mqo)の3D素体を配布しています。生放送でマグロを作ったりしている、Vtuberのモデリング勢です。

モデルの概要

素体の紹介がTwitterに載っています。


デザイン・モデリングはどちらも本人(メカニック)の自作モデル。

ダウンロードページ

ニーツの3D素体モデルのダウロードページはこちら。

https://bowlroll.net/file/157654

利用規約をしっかり読んでからモデルを使用してください。

どこまで使用可能?

ニーツちゃんのモデルの利用規約は、モデルをダウンロードするとテキストファイルで添付されてきます。

バーチャルYoutuber及びVRchatのアバター制作用の素体として配布しているため、YouTubeの収益化、スーパーチャットによる収益は許可されています。

上記の用途で使用する場合は、権利表記は不要。

素体を改造せずに再配布することは禁止。

モデルを見るには?

メタセコイア用の素体(.mqo)なので、メタセコイア(モデリングツール)で開けますが、私はBlenderを使用しているため、そちらを使う方法を紹介します。

まずBlenderをダウンロード(https://blender.jp/)して、インストールします。「最新安定版:2.79」のような表記が「Blender とは」の部分にあるので、そこからダウンロードできます。

Blenderでは「.mqo」をそのまま読み込むことができないので、読み込むためのプラグインを導入します。(参照:https://nullorempry.jimdo.com/work-list/blender2-5-2-7/mqo/

参照ページに倣ってやってみてください。

(ちなみに、日本語化はFile>User Preferences>System>International Fontsのタブにチェックを入れ、Interface, Tooltips, New Dateの3つを選択して保存することでできます。)

すると、

このような素体が出現します。

知識がないとここから進めませんが、もしVtuberを目指すなら、この素体をお借りするのも一つの手だと思います。