『フラワーナイトガール』とは?ゲーム性や魅力を徹底調査

今年ブラウザ版ゲームがサービスを開始してから8周年を迎えた、通称「花騎士(はなきし)」こと「FLOWER KNIGHT GIRL(フラワーナイトガール)」をみなさんもうご存知ですか?

フラワーナイトガールは、2015年に開発 YourGames 、提供DMM GAMESによりサービスを開始し、2018年にはスマートフォンのアプリとしてもリリースされました。まだご存知ない方のためにもこの記事では、フラワーナイトガールについてや、そのゲーム性や魅力について徹底調査でお伝えしていきます。

フラワーナイトガール( FLOWER KNIGHT GIRL)とは?

フラワーナイトガールは、花世界の「スプリングガーデン」を脅かす害虫たちに立ち向かい、戦うRPGゲームです。プレイヤーは、害虫と戦うために訓練された「花騎士」たちを率いる団長となり、世界を救うことになります。植物をモチーフにその名を冠した花騎士たちと、プレイヤーが仲良くなることで、花騎士たちの能力に変化が現れるそうで…。

直近では、7月31日に緊急任務として「8.5周年人気投票!」にシナリオ追加。そして

三大決戦ミズウォルムイベント「不滅と黄昏の支配者」の常設化されたようです。

フラワーナイトガール ストーリー

7本の巨大な世界花によって、自然豊かで平和が保たれている世界、スプリングガーデンでは人々が世界花の恩恵を受けていました。しかし、外の世界から来た死にゆく世界の支配者により、平和な世界の均衡が崩れ始めてしまいます。仲良く暮らしていた虫たちは、突如人や自然に害をなす害虫へと変わってしまい、脅威となってしまいます。その脅威に対峙したのが世界花の加護を受けた女性の花騎士たち。のちに勇者と呼ばれることになる騎士団長と花騎士たちは、害虫の進行を阻止しました。そこから1,000年たった現在まで、スプリングガーデンでの戦いの日々は続いていました。そんな中、ブロッサムヒルにひとりの新米騎士団長が着任します。団長の任務は花騎士たちと共に害虫を倒し、スプリングガーデンを守ること。さまざまな謎に直面しながらも、団長と花騎士たちはスプリングガーデンの人々を守り、害虫のいない世界の実現を目指して戦い続けていきます。

フラワーナイトガールのゲーム性や魅力

5人までのパーティを最大4組まで編成することができ、ステージに用意されたパーティか他のプレイヤーのパーティをひとつ選び合計5つのパーティでゲームが開始されます。メインストーリーはノーマルダンジョンで、花騎士たちと共に謎を解き明かしながら、害虫退治を進めていきます。1任務5ステージで成り立ち、ステージクリアをしないと次ステージへは進めないシステムです。ノーマルダンジョンの他にスペシャルダンジョンと、期間限定ダンジョンが現れます。

団長は、一定の経験値が貯まるとレベルアップしますが、花騎士には経験値によるレベルアップはなく、花騎士同士や強化合成専用のキャラクターを使用して強化合成を行うことによってレベルアップをします。

花騎士たちは全てが花をモチーフにしていて可愛かったり美しかったりするのですが、その総数なんと600体以上。強化することで、どんどんイラストも華やかに変化していくので強化しがいがあります。

メインストーリーは現在第4部まで解放されています。今から始めても楽しめるのでご安心ください。バトルは、フルオートでプレイヤーはパーティー編成を考えるだけで大丈夫。そんな簡単プレイが可能です。ちなみにバトル画面はちびキャラが大活躍。ちびキャラも、かなりかわいいので、心を奪われてしまうかもしれませんね。

お気に入りの花騎士とはもっと仲良くなることもできちゃいます。好感度をあげるには贈り物攻撃!花騎士の好感度を100%にすると特別なストーリーが見れてしまうのです。花騎士一人一人に個別のストーリーが用意されているそうなので、お気に入りを見つけてぜひ絆を深めてみてください!

まとめ

フラワーナイトガールについての調査はいかがでしたか?まだまだ伝えたりませんがこれ以降は、ぜひプレイしてあなたの目でその魅力を確かめて見てくださいね!

投稿者 vadmin