NBAの歴史: 世界最大のバスケットボールリーグはいかに発展したか

ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)は、1937年に設立されたナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)と、1946年に設立されたバスケットボール・アソシエーション・オブ・アメリカ(BAA)という2つのライバル組織が合併し、1949年に設立された。1976年、アメリカン・バスケットボール・アソシエーション(ABA)が吸収合併され、残った4チームがNBAの一部となりました。

NBAの始まり

1946年、アメリカとカナダの著名なアイスホッケー場によって、アメリカバスケットボール協会(BAA)が設立された。1946年11月1日、トロント・ハスキーズとニューヨーク・ニッカーボッカーズ(ニューヨーク・ニックスとして有名)の間で、NBA開幕戦が行われた。

NBAが設立される以前にも、アメリカン・バスケットボール・リーグやナショナル・バスケットボール・リーグといったプロバスケットボールリーグは存在した。BAAがそれらのリーグと違ったのは、大都市の大きなアリーナで試合を開催した最初のリーグだったことだ。

1949年8月、BAAはNBAに名称を変更したが、これは同月に行われたBAAとNBLの合併に敬意を表してのことだった。名称変更のもう一つの動機は、将来起こりうる法的問題を先取りすることだった。

合併後は小都市でもNBAの試合を開催できるようになった。NBAはBAAの歴史を自分たちの歴史とみなしているが、NBLのチームは合併の一部ではなく、エクスパンションとみなしている。したがって、NBAはNBLの記録や統計を主張しない。

日系アメリカ人の三坂渉は、NBAに入団した最初の有色人種である。彼は1947-48シーズンにニューヨーク・ニックスの一員となった。1950年、ハロルド・ハンターがワシントン・キャピトルズと契約し、NBA初のアフリカ系アメリカ人選手となった。

当初、NBAは17のフランチャイズで構成されていた。1950年から統合が始まった。その年、NBAのフランチャイズ数は11に減った。その後も統廃合は続き、1954-44年のシーズンには、NBAは8つのフランチャイズを残すのみとなった。

これは、NBAのフランチャイズ数としては史上最低の数字だった。統合の間、小さな都市にあったフランチャイズは大きな都市に移った。その一例がアトランタ・ホークスで、1951年にミルウォーキーに移転する前はトライシティーズ・ブラックホークスとして知られていた。

NBAの浮き沈み

NBAが国際的なリーグへと進化する過程は、平坦なものではありませんでした。1980年代、NBAは、ブリタニカ(Britannica)が報じたように、全国的なアピールの喪失、テレビ視聴率の低下、観客動員数の低迷など、多くの困難に直面しました。

1984年にNBAコミッショナーに就任したデビッド・スターンは、リーグを救う重要な役割を果たしました。彼は、リーグのスター選手のための積極的なマーケティングキャンペーンを開始し、選手のサラリー制限を実施しました。さらに、ネットワークとケーブルテレビの両方で有利な放映権契約を獲得し、オールスターゲームを拡大しました。

2018年には連邦最高裁判所がスポーツベッティングを解禁したため、NBAをはじめとするリーグの米国での人気はさらに高まっています。スポーツベッティングはファン同士の仲間意識を育むだけでなく、試合をより面白くします。

非スポーツベッティングのように、スポーツベッティングはスポーツカテゴリーもベッティングタイプも多様です。NBA賭けの人気も国によって異なります。

昨年末、NBAは世界市場からの関心が高まっていると述べた。今シーズン、NBAのファンは世界200カ国以上からやってきます。CNBCは、チームとリーグの総収入の10%がグローバルアカウントからのもので、過去最高記録を更新したと報じました。この数字は今年も伸びると予想されています。

この勢いに乗るため、NBAは3つの戦略を採用しています。ひとつは、特定の世界市場のプライムタイムに試合を放送すること。2つ目は、子供向けのプログラムに力を入れること。そして最後に、インドのような特定の地域にさらに力を入れることです。

投稿者 vadmin