今からでも遅くない、Vtuber紹介

今からでも遅くない、Vtuber紹介

現在、様々なコンテンツが無料で視聴できる動画配信サイトが数多く存在し、世界中の人が愛用しています。ゲーム実況動画から実写の動画、ASMR動画なんかも有名ですね。そんな動画配信サイトでよく目にするのが、Vtuberの動画です。最近では、2016年から活動を始め、Vtuberの先駆者としても知られるキズナアイさんが無期限スリープ(活動休止)することで話題になりました。現在では3万人近く活動しているとされているVtuberですが、あまり興味を引かれなかったり、数が多すぎてどう見始めていいか分からない人も多いと思います。今回は、Vtuberとはなにかを簡単に紹介し、見ていて楽しいVtuberを紹介していきたいと思います。

そもそもVtuberとは

Vtuberという単語は、動画配信サイトを利用する人ならほぼ確実に聞いた事や目にしたことがあると思います。2D/3Dのアニメーションキャラクターやアバターなどを使い、活動をする動画配信者のことをバーチャルYouTuber (Vtuber)と言います。今回、無期限スリープ(活動休止)になってしまうキズナアイさんが、2016年に活動を始め、バーチャルYoutuber (Vtuber)というジャンルを確立した先駆者として知られています。CGによるキャラクターアニメーションでYouTuberのような動画から、CGを活かした動画などで話題となり、今も尚トップとして知られているキズナアイさんですが、現在では、2D/3Dのイラスト、CGやアバターなど様々な種類が存在し、それらを使う配信者を総じてVtuberと呼びます。

Vtuber業界の中でも、数多くのVtuberを輩出している「にじさんじ」(運営:ANYCOLOR株式会社)や「ホロライブ」(運営:COVER株式会社)などの事務所に所属しているVtuberも多く、切り抜き動画などがおすすめとして出てくることがよくあります。個人勢の「渋谷ハル」さんや「しぐれうい」さんなど、事務所に所属せず活動をしているVtuberも多く存在します。

技術面

従来のVtuberの多くが、2D/3Dの立ち絵やアバターを画面端や画面に出してゲーム実況などを配信しているイメージですが、最近では表情がより豊かになり、モーションキャプチャで体の動きを読み取って幅広い動画のコンテンツができるようになりました。3Dお披露目という名目で全体が3DになっているVtuberが増えてきており、バラエティ風の動画や、歌って踊るライブなど、バーチャルな世界がよりリアルになりつつあります。より繊細な動きをするためには技術と時間とお金を要するため、事務所に所属しているVtuberの方が3Dモデルの割合が多いです。

Vtuberを初めて見る人でも大丈夫

Vtuberを見るのに少し抵抗がある人も多いと思いますが、百聞は一見に如かずの言葉通り、見始めたら止まらなくなってしまう人も多いです。今回は数多く存在するVtuberの中から、おすすめのVtuberを何人か紹介していきます。

月ノ美兎(つきの みと)

にじさんじ所属の女性Vtuber。

高校2年生の学級委員という設定でにじさんじ初期のメンバーの1人として活躍しているVtuber。一人称が「わたくし」で丁寧な言葉使いをし、「起立、気をつけ!」の挨拶でも有名です。自称清楚と言いながら、時折言葉使いがそれを覆していることが多いですが、それは皆さんの判断にお任せします。口がよく回り、トークの面白さ、知識も豊富でゲーム実況や他のVtuberとの会話でもそのコミュニケーション能力の高さや冴えたツッコミを披露し、行動力にも定評のある方です。にじさんじの中でも登録者が多く、リスナーとの絡みからも好かれていることが分かるVtuberです。どうぶつの森の切り抜き動画などがおすすめです。

剣持刀也(けんもち とうや)

剣道部所属の高校2年生という設定の男性Vtuber。

彼もまた口がよく回り、トークの面白さはもちろんのこと、ツッコミもできるため、司会などを務めることが多い。Vtuberの多くがライブ配信している昨今では、視聴者(リスナー)のコメントを見れるため、そのやり取りもライブの魅力ですが、彼の場合は特にリスナーとのやり取りが面白いのでそこにも注目してみるとより楽しめます。特にバーチャルアバターの顎が鋭いため、「アゴ」と呼ばれたり、いじられキャラとしても知られています。最近では、にじさんじのVtuberが出場するマリオカートのマリカにじさんじ杯の司会を同じ、にじさんじ所属の笹木咲(ささき さく)と務めたので、手始めにそちらの切り抜き動画をおすすめします。

笹木咲(ささき さく)

高校2年生という設定の関西弁の女性Vtuber。

パンダのパーカーを着ているのが特徴的、ゲームと水族館が好きで特に好きなメンダコのイヤリングをしています。水族館オタクとしても知られており、水族館に関しては特に知識が豊富。にじさんじの番組「ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン」で同じくにじさんじ所属の社築(やしろ きずく)と共に進行を務めており、トーク力はもちろん、場数の多さからまとめ役としても才能を発揮する。この番組では、他のにじさんじメンバーが毎回登場し、紹介とともにゲームをプレイしたりするので、おすすめです。

今回はトーク力に優れたにじさんじ所属のVtuberを紹介しましたが、他にも沢山いるので是非この機会にお気に入りのVtuberを見つけてみてはどうでしょう。