【Voidol】ボイチェンで男でもVtuberに!感想は?実際どうなの?

目次

    ボイチェンで男が女Vtuberになれるソフト「Voidol」がWindowsに登場!

    こんにちは、Vtuberファン(@vyoutuber_com)です。

    Vtuberが話題になったとき、のじゃおじさん(現在はVtuberを引退)が話題になり、現実の男性が女性モデルを使用してバ美肉できる(この言葉は後に登場)ことに歓喜した人は多いかと思います。

    しかし、ボイスチェンジャーは無料、有料をいくら探しても、高精度で違和感のない「リアルタイム」ボイスチェンジはできませんでした。のらきゃっとさんは「自分の声を文字起こし⇒読み上げさせる」という機能を使っており、これが現状、最も違和感のないボイスチェンジともいえると思います。

    (バ美声という、開発中ですが無料で精度の良いボイチェンもあります。)

    さて、そんな世知辛いボイチェン事情ですが、他のボイスチェンジャーと一味違った「Voidol」というソフトを、みなさんはご存知ですか?

    2019年8月29日に「Voidol」のWindows版が発売されたので、紹介していきたいと思います。

    この記事でわかること

    Voidolとは?

    Voidolって実際どうなの?

    Windows版が発売ってことは以前にも発売されていたの?

    1. Voidolとは?

    画像:https://www.moguravr.com/voidol-2/より引用

    Voidol(ボイドル)とは、クリムゾンテクノロジー株式会社が発売しているリアルタイム音声変換アプリ/ソフトです。

    まだまだ精度の高いボイチェンというレベルには達していませんが、こちらのソフトは他のボイスチェンジャーと違った音声変換の仕方をしています。

    よくあるボイチェンというのは、自分の声のピッチを変更したりして、自分の声そのものを加工しているのです。対してこちらの「Voidol」は、自分の声を加工するわけではありません。

    自分の声をAIが認識して、選択したキャラクターの声として出力できるのが、「Voidol」の特徴です。

    2. Voidolって実際どうなの?レビューや感想は?

    Vtuberになる予定はないので筆者自身はVoidolを購入していないのですが、Voidolを購入して試してみたという人は大勢いるので、そちらの方々がどのような声を録っているのか実際に確認してみましょう。

    Twitterを見ると購入した方々が大勢いらっしゃいました。

    (サンプルに4つのツイートをこちらに掲載していますが、本当に大勢の方々のツイートがあります。これ以外にも知りたい方は、ぜひコチラをご覧ください。)

    様々なお声が上がっていますが、正直なところ、「現状Vtuberとして使用できるレベルには達していない」というのが動画からわかります。

    ノイズが入ると余計ひどくなってしまうということからも、全ての人が高価な機材を使用しているわけではなくVtuber界隈からしたら、あまりオススメできるソフトであるとはいえません。

    3. 現状の最強ボイチェンは「バ美声」、Voidolは今後に期待

    「現状Vtuberとして使用できるレベルには達していない」とは言いましたが、東北ずん子さんがいっている通り、Voidolは発展途上です。

    今あるボイチェンとは方向性が全く違い、キャラクターの声でしゃべるというVoidolは他にはない魅力があります。技術が上がれば、好きなキャラクターに好きなことを言ってもらうこともでき、Vtuber以外の用途としても期待ができます。

    ぜひアップデート等で、精度を高めていってほしいですね。

    さて、現状最も優れていると思われるボイチェンソフトは、おそらく「バ美声」だと思われます。無料、有料含めても選択肢が少ないボイチェンですが、有料版を買うくらいならぱそこん工房さんの「バ美声」をオススメします。

    こちらはまだβ版ですが、無料で配布してくれています。(配布サイト)

    4. 以前はMac、iOS向けアプリとして登場

    Windows版の前はMac版、iOS向けの無料アプリがリリースされていました。

    一番最初に出たのはiOS向けのアプリで、課金制で使えるキャラクターが増えるというインストールは無料のものでした。Vtuberになろうと思い、ボイチェンを探していたら、こちらのアプリはすでに試したことがある人もいそうですね。筆者も試してみましたが、お世辞にも配信で使えるレベルではありませんでした。

    2019年4月にはMac版のソフトが登場しました。こちらでは「音宮いろは」というキャラクターが追加されており、東北ずん子は以前と変わらず使用できます。

    東北ずん子など、IP的に商用目的のCD販売などは制限されているキャラもいますが、「音宮いろは」は商用も可能、また、東北ずん子であっても、配信で使用するレベルであれば商用とみなさないそうです。

    MAC版はiPhone版よりカスタマイズできる項目が増え、機能が多様化されています。

    5. 発売はAmazon、楽天から

    MAC版の販売

    Mac App Store
    Amazon
    楽天

    Windows版の販売

    Amazon
    楽天

    Voidol販売元:クリムゾンテクノロジー株式会社

    まとめ

    Windows版が発売されましたが、Vtuberとして活動するには、現状のVoidolでは不十分です。今後のアップデートに期待しましょう。

    サムネイル画像:https://crimsontech.jp/apps/voidol/より引用
    ©クリムゾンテクノロジー株式会社

    (参考)藤本健の “DTMステーション”